投稿日:2018.11.12

投資顧問の評判は悪くなりやすい

プロの投資家個人投資家が投資顧問を利用するのは、効率よく利益を上げ続けたいからでしょう。
投資の初心者であればなおさら、プロの意見や情報を得たいと考えるものです。
しかし、たとえ評判の良い投資顧問であっても、必ず利益を出せるとは限りません。
実際の投資の世界では、上昇する銘柄もあれば下降する銘柄もあり、長年の経験を有するプロの投資家でさえ常に100パーセントの確率で見極めることは不可能なのです。

この事実をよく理解していないせいか、投資顧問を利用すれば楽して儲けられると勘違いしてしまう人もいるようです。
そのため、投資顧問を利用していたのに損失が出てしまうと、投資顧問が悪いのだと批判する人も少なくないでしょう。
ファーストリッチ投資顧問も他の投資顧問もこのように批判される可能性は大いにあり、場合によっては厳しい評価を受ける事もあります。

投資顧問について理解する

投資顧問は投資のプロであり、その経験や実績に基づき、個人投資家にとって有益な情報を提供してくれます。
例えば、値上がりが期待される銘柄を紹介してくれたり、保有している銘柄を売却するタイミングを助言してくれたり、銘柄の分析を徹底的に行ってくれたりなど、面倒で時間のかかる調べものを代行してくれるのです。
そのため個人投資家の中には、すべてを投資顧問に頼ってしまう人もいるようです。
プロの視点から分析した情報であるとはいえ、すべてを鵜吞みにしてしまうのは非常に危険でしょう。
投資顧問はあくまでも、投資の参考になる情報を提供してアドバイスをする会社であって、絶対的な利益を保証しているわけではありません。

最終的な判断は自分でする

投資によって利益を上げて資産を増やしていくことは十分可能ですが、その一方でリスクが伴うこともしっかりと理解しておきましょう。
大きく儲けようと無理な行動をとるのではなく、リスクを可能な限り避けることに意識を向けたほうが良い結果を生むとも言われています。

投資顧問を利用すれば、投資に有益な情報や助言を手軽に手に入れることができますが、それらをよく吟味したうえで最終的には自分で決断することが大切です。
万が一、損失が出たとしても、誰もその損失を補ってはくれません。
「自分の財産は自分で守る」という覚悟をしっかりもって、決して他人任せにはせずに投資にのぞみましょう。
そして、ファーストリッチ投資顧問のような投資顧問会社をうまく活用しながら、自分の知識を増やし今後の投資生活に活かしていくことも重要です。

検索